キャッシングして借りたお金の金利の計算方法

昔までは、ついついお金を使い過ぎてしまい、生活費が不足してしまった際には、家族や仲の良い友人といった面々に借りるという人が多いものでした。ですが借金の申込みというのは、親しい間柄でもかなり気不味いものがあります。お陰で最近では、そういった気不味い思いをせずに済むという理由で、キャッシングを利用して借入する人が増えています。
何故、キャッシングなら気不味くないかというと、インターネットからでも申込みが可能だからです。お陰で、申込みのためにわざわざ店舗に出向く必要もなく、自宅からでも行えます。しかも審査に通過すれば借入も、近所のコンビニやATMといった日常的な場所で、まるで自分の口座からお金を引き出すみたいに手軽に行えます。なのでそういった面でも、気不味い思いをする事はないです。
ただしキャッシングが幾ら手軽で便利だからといっても、借金は借金です。キャッシングで借入すれば、金利を上乗せしてきちんと返済する義務が課せられます。そんな金利ですが、計算方法がイマイチ分からないという人も少なくないです。ちなみに、借入金額×金利÷年間日数×借入日数という計算方法で、金利が幾ら掛かるのかを調べる事が出来ます。
もっともこの計算方法で少し分かり難いのは、借入日数です。というのも金利計算では、キャッシングで借りた当日というのは、日数に含まれないのですが、返済当日というのは利用日数に含まれるという点に、注意が必要なのです。そのため利用日数とは、借入した日の翌日から返済日までという事になります。